キレイな歯並びを継続するために

矯正治療後の後戻りを防ぐために

歯並びを綺麗にするための矯正治療は、治療が終わり矯正装置を外すと後戻りと言って元にあった位置に戻ろうとします。せっかく矯正治療によって綺麗になった歯並びなので、後戻りを防いでおきたいものですよね。
矯正治療では、歯を支えている顎の骨が溶ける事によって出来た隙間にまた新しい骨が出来るといった仕組みを利用して治療が行われています。そのため矯正治療の後は、まだ骨がしっかりと詰まっていないため不安定な状態にあるのです。つまり矯正治療の後には、歯がその位置に定着するのを待たなければいけないのです。その方法の一つとして、保定装置を装着させて歯を固定する方法があります。期間は約2,3年が目安となりますので、綺麗な歯並びのためにも頑張って取り組むようにしましょう。

綺麗な歯並びにはメンテナンスも重要

歯並びを綺麗に保つためには、お口の病気を防ぐ事がとても重要になります。お口の病気を防ぐためには、自分の歯並びに合ったブラッシング方法を知る事がとても大切です。歯医者でしっかりとブラッシング方法を指導してもらい、毎日のセルフケアによってしっかりと予防するようにしましょう。
しかし毎日のセルフケアだけでは全ての汚れを落としきる事は出来ません。専用の器具を使用して落とさないといけないため、定期的に歯医者でクリーニングをしてもらう必要があります。口腔内の環境を良くする事で、綺麗に整った歯並びをずっと保つ事が可能となります。また毎日の生活では気付きにくい歯周病は、放っておくと全ての歯が抜け落ちてしまう事になりますので、早期発見が必要になります。そういった意味でも、定期的な検診は必要になります。

© Copyright Keep Teeth Clean. All Rights Reserved.