MRC矯正は12歳まで!

所要期間わずか2年、6~12歳向けの抜かない歯列矯正

6~10歳までのお子さんの歯並びが気になるなら、小児向けの歯列矯正・MRC矯正があるのを知っていましたか?
MRC矯正は、ワイヤーや固定具を取り付けたり、取り付ける前に歯を抜く必要もありませんので通常の歯列矯正よりも負担も小さく、治療はおよそ2年で終了します。
歯列矯正に使うのは歯並びをかたどった樹脂製マウスピースです。日中1時間と就寝時に着用し、口腔周囲筋をトレーニンしてスムーズな発達を促し、見た目にもきれいな歯並びを実現するので、学校ででからかわれることもありません。
樹脂製マウスピースの機能は前歯を清浄な位置に並べるトゥースチャンネル、舌を正しい位置につけるタンタグ、舌の突き出しを押させるタングガード、オトガイ筋を鍛えるリップバンパー、顎関節を弛緩させ顎が後退するのを防ぐベースにより理想的なかみ合わせを目指します。
樹脂製マウスピースは食事中には取り外したり水で洗うこともできるのでいつでも清潔に保てます。

歯並びが悪くなる原因と症状

歯並びが悪いと笑うことも怖くなったりコンプレックスになってしまったり、それが悪化すると思春期のお子さんの精神状態も不安定化することもあります。
歯並びの悪さを見分けるためには、お子さんの歯をチェックし、以下の状態にあるならより良い歯並びを残すためMRC矯正を受けることをおすすめします。
見た目にも歯並びが悪い、左右あるいは片方どちらかのかみ合わせが悪い、いつも口を開けている(口呼吸している)、上下の歯の間から舌が出ている、唇を閉じて呼吸をすると苦しいと言い長続きしない、舌に歯型に凹みがある、唇を閉じると下唇の下(オトガイ筋)にしわができる、口を閉じるとへの字口になる、サ行やタ行の発音・滑舌が悪い、水を呑んだり食事をするときに舌で迎えにいく、などです。
これらの行動や症状は歯並びが悪い・悪くなる兆候なので、できるだけ早期にMRC治療を受けることをおすすめします。
MRC治療は、ワイヤーや取り付け器具なしで口腔筋周辺を鍛え、口呼吸や出っ歯、下の前歯が極端に前に出る下顎前突、歯が互いに重なって生える叢生などを治療します。
綺麗な歯並びは、子供らしい笑顔を約束するとともに、子どもにとって一生の財産です。

© Copyright Keep Teeth Clean. All Rights Reserved.